About Us

openclose

私たちの事業

事業展開

医師と協力して機能回復に最適な義肢・装具を製作販売いたします。
また、車椅子やコンフォートシューズ、オーダーメイド車いすや福祉用具など、身体の不自由な方や高齢の方が安心して生活できるように工夫された商品を多数取り扱いしています。
常に最新の技術で、使用される方一人一人に満足していただけるようサポートいたします。

義肢(義手・義足等)・装具(上肢装具・体幹装具・下肢装具等)・車椅子・シーティング・ヘルメット・自助具・人工補綴 等

事業展開

事業開発部

わたしたちは日頃培った高い技術力をもとに、先進医療・リハビリでの要望に応えるべく、ロボット開発プロジェクトを発信しており、近未来での医療福祉分野の実用化を目指し装具からロボットまで、研究開発に日々挑戦していきます。 また日頃臨床におけるユーザー様の意見に耳を傾け、装具対応靴の開発など患者様のADL向上にお役に立てるよう義肢・装具関連商品の研究開発の取り組みや、我々義肢装具業界の発展を願いP.O応援グッズとして、義肢装具製作機器・ツール等も製作販売しております。

事業開発部では国際学会を通じて良い商品を輸入販売し世界の優れた技術の発信地となり日本の義肢装具業界の発展を心より願っています。

事業開発部
高度リハビリ機器開発 下肢麻痺者用の歩行補助ロボット「WPAL」
  • 脊髄損傷などにより、両下肢が完全に麻痺し、歩行ができない人が車いすから立ち上がり自立歩行が出来る補助ロボット
  • 麻痺者の歩行による健康増進及びQOL向上、社会参加多様性の確保

もう一度自分の脚で立って歩いてみたい…そんな脊髄損傷者の願いを叶えたくWPAL(ウーパル)プロジェクトは立ち上げられました。

WPALは弊社から販売しているPrimewalkの技術(内側系構造)を取り入れたことにより車いすとの併用が可能で、優れた立位安定性も持っているのが特徴で、下肢麻痺者の車いすから起立・着座動作、歩行をアシストします。

WPALは、藤田医科大学リハビリテーション部門との共同開発により生まれました。

高度リハビリ機器開発 下肢麻痺者用の歩行補助ロボット「WPAL」

福祉事業部

長年にわたり医療・福祉の業務に携わってきた知識・経験を活かし、現在の介護に何が必要なのかを考えてサービスを提供いたします。
例えば、お客様の障害や身体的特徴に基づいた介護用品の選定などは、私たちの最も得意とする分野です。プロの視点でニーズに応え、的確なアドバイス・提案をいたします。

福祉用具レンタル

要支援・要介護認定された方は、電動ベッドや車いす、 四点杖などの介護用品(厚生労働大臣が定めるもの)が1割負担で借りることができます。但し、要支援・要介護状態に応じて利用条件がありますのでご注意下さい。

福祉用具レンタル

福祉用具購入

要支援・要介護認定された方は、ポータブルトイレや入浴用具等の介護用品(厚生労働大臣が定めるもの)が1割負担で購入することができます。1年間(4月~翌年3月)で10万円が補助の限度額です。

福祉用具購入

住宅改修

要支援・要介護認定された方は、手すりの取り付けや、段差の解消などの工事(厚生労働大臣が定めるもの)を1割負担で受けることができます。20万円が補助の限度額です。但し、要介護区分が重くなったとき(3段階以上)や転居した場合は再度補助を受けることができます。

住宅改修

ページトップ